プログラミング学習記録 学生生活

【計算方法の解説】クラウドソーシングは税や手数料で金額提案がわかりづら過ぎる件

更新日:

スポンサーリンク

【計算方法の解説】クラウドソーシングは税や手数料で金額提案がわかりづら過ぎる件

わかりづらい!

なにが?

クラウドソーシングの金額提案!

あーね

 というわけで、加藤さんと同じ悩みを抱えるあなたに、

 超わかりやすくクラウドソーシングの金額提案について解説するよ。

  • ※仕事を依頼するクライアントも金額提案の中身を理解していない、きちんと金額設定をしない方が多いので、私の解説による計算がクライアントに伝わらない場合があるので、注意してください。

    結局、自己防衛です。

スポンサーリンク

例①「Lancers」

 例えば、「Lancers」の提案画面で入力金額「1000円」とすると、以下のような表示となります。
 ※全て表示した場合
 ※読み飛ばしてOK

  • ランサー手取り(入力):1000円

  • 契約金額(税抜):1250円

  • システム手数料:-250円
  • ランサー手取り(税抜):1000円

  • 契約金額(税抜):1250円
  • 消費税:100円
  • クライアント合計支払金額:1350円

  • ランサー手取り(税込):1080円

  • 契約金額(税抜):1250円
  • システム手数料:-250円
  • ランサー手取り(税抜):1000円
  • 消費税:80円
  • ランサー手取り(税込):1080円

解説(気になる方は読んでね)

  • ランサー手取り(入力):1000円
    ⇒ランサーの「税抜」手取り金額。 (実際に貰える金額でない)

  • 契約金額(税抜):1250円
    ⇒クラアントの「税抜」支払金額。
  • システム手数料:-250円(20%)
    ⇒クライアントがLancersに支払う手数料。
  • ランサー手取り(税抜):1000円
    ⇒ランサーの「税抜」手取り金額。 入力欄と同じ。

  • 契約金額(税抜):1250円
    ⇒クラアントの「税抜」支払金額。
  • 消費税:100円
    ⇒ クラアントがLancersに支払う消費税。
  • クライアント合計支払金額:1350円
    ⇒クラアントの「税込」支払金額。

  • ランサー手取り(税込):1080円
    ⇒ランサーの「税込」手取り金額。 (実際に貰える金額)

  • 契約金額(税抜):1250円
    ⇒クラアントの「税抜」支払金額。
  • システム手数料:-250円(20%)
    ⇒クライアントがLancersに支払う手数料。
  • ランサー手取り(税抜):1000円
    ⇒ランサーの「税抜」手取り金額。 (実際に貰える金額でない)
  • 消費税:80円
    ⇒ランサーがLancersから受け取る消費税。
  • ランサー手取り(税込):1080円
    ⇒ランサーの「税込」手取り金額。 (実際に貰える金額)

 わかりづらいですね。

 とりあえず、理解するべきことは

  • ランサー:入力金額×1.08を、Lancersから受け取る
  • クライアント:入力金額×120%(手数料)×1.08を、Lancersに支払う

 こんな感じです。

 ちなみに、「消費税を受け取るってどういうこと!?」

 と思われるかもしれませんが、Lancersはランサーへの支払いが伴うため、消費税を支払わなければならないということです。

 また、売上1000万円超えないと消費税の支払義務はないため、加藤さん以外は気にしなくても大丈夫です。

  • 以下から続く例は、ライティング案件を例に用いています
    他の種類の案件でも問題ありません

困る時の例①

 例えば、依頼詳細の記事単価などに

記事単価1000円(税抜)だ!

 のような記述がされているときがあります。

 この場合は

  • 入力金額=
    記事単価(クライアント希望金額)×1.08(消費税を含める)=1080円
    ※1000円×1.08で計算

 となるので、入力金額は「1000円」としましょう。

  • 手数料を除くと記載されている場合
    ⇒消費税の部分を1.2に変えることで計算できます

記事単価1000円(税込)だ!

 この場合は

  • 記事単価(クライアント希望金額)÷1.08(消費税を抜く)=925.925…円
    ※1000円÷1.08で計算

 となるので、入力金額は「925円」か「926円」としましょう (割り切れないないため )。

  • 手数料を含むと記載されている場合
    ⇒消費税の部分を1.2に変えることで計算できます

困る時の例②

 次はこの場合を見ていきます

記事単価1000円(手数料、消費税抜き)だ!

 のような記述がされているときがあります。

 この場合は

  • 入力金額
    =記事単価(クライアント希望金額)×1.2 (手数料を含める) ×1.08(消費税を含める)=1296円
    ※1000円×1.2×1.08で計算

 となるので、入力金額は「1296円」としましょう。

 ちなみにこの場合は 「クライアントの合計支払い金額(税込)」「1750円」となるので、クライアントはめっちゃ損です。

 だからあんまり見ないというか、あってもクライアントが金額設定を勘違いしている場合があります。

記事単価1000円(手数料、消費税込み)だ!

 この場合は

  • 入力金額
    =記事単価(クライアント希望金額)×0.8 (手数料を抜く)÷1.08 (消費税を抜く) =740円
    ※1000円×0.8÷1.08で計算

 となるので、入力金額は「740円」か「741円」としましょう (割り切れないないため )。

  ちなみにこの場合は、「クライアントの合計支払い金額(税込)」が指定金額(今回は1000円)と同じになります。

  ランサー側はめっちゃ損です。 ですので、クライアントが高単価の案件と誤解させるためにこの手法を用いる場合があります。

 詳しくは以下の「加藤さんの補足」をご覧ください。

加藤さんの補足

  • 上の2つのパターンには特に注意しましょう
    ⇒ランサーが受け取る金額が、入力金額よりかなり少なくなるからです。

    よくライティングの依頼内容で「文字単価1円」と記載してあっても、実際「文字単価0.6円」とかになることもあります。

    正直このような依頼内容への記載の仕方は、ランサーとクライアント間との語弊が生まれやすいので、私としてはやめた方がいいと思います。

    つまり、Lancers側で記載方法を統一させた方がいいという事ですね。

困る時の例③

 一番困るパターンです

記事単価1000円です

 この場合は、金額提案をどうすればいいのか困りますよね。

 こちらから税抜、税込なのかを聞いてもいいですし、クライアントの指定金額ぴったりに、こちらの手取りがなるようにしてもいいでしょう。

 あるいは、クライアントの支払金額が指定金額と同じになるようにすることもできます(ランサー側は損ですが)。

 ですが最も親切なのは、やはりクライアントに金額をどうするのかを聞くことです。

  • 親切でもありますし、トラブルの無い契約、お互いに損しないために、きちんと相談する方が無難です。

    また、クライアントが望む金額を指定することにより、受注率も上がるので、おするめです。

スポンサーリンク

例②「クラウドワークス」

 クラウドワークスの場合は、Lancersと計算方法が逆です。

 ランサー側にシステム利用料が発生するという、私的にはクライアント側有利な気がしなくもないです(。-∀-)

 まぁLancersよりは計算が単純なので、詳しく見なくても大丈夫だと思っています(迫真)。

 以下のことだけは把握しておきましょう。

  • 契約金額(入力):1000円の場合

  • 手取り:1000円×1.08(消費税を含める)×0.8(システム利用料を抜く)=864円
  • クライアント支払金額:1000円× 1.08(消費税を含める)=1080円

税抜の場合

  • 入力金額
    =単価

    クライアントの支払金額が、自動的に税込みの金額になります

税込の場合

手数料込み、税抜きの場合

  • 入力金額
    =単価÷1.08

    クライアントの支払金額が、自動的に税抜きの金額になります
  • 入力金額
    =単価÷1.08×1.2

    手数料抜き、税込みの場合も同じです

手数料、消費税込みの場合

  • 入力金額
    = 単価×0.864

    指定金額がそのまま手取りになります

スポンサーリンク

結局は自身の利益が大事

 先ほども少し述べましたが、

 金額のトラブルや、語弊による希望の金額設定の不一致が起こると、自身の利益が損なわれてしまいます。

 ですのでクラウドソーシングで金額提案をする時は、クライアントと相談するなどし、慎重に提案をしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ややこしや~

でもこの記事を参考にすれば、
金額を入力する時に困らないよね

まぁ税や手数料のこと書いていないことが多いから、
結局相談よ

クラウドソーシングの運営の方、
記載方法の統一おなしゃす!

  • ※仕事を依頼するクライアントも金額提案の中身を理解していない、きちんと金額設定をしない方が多いので、私の解説による計算がクライアントに伝わらない場合があるので、注意してください。

    結局、自己防衛です。

-プログラミング学習記録, 学生生活

Copyright© katoooblog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.