学生生活

【学校】義務教育が人生に与える影響は少ないと感じた3つの理由

投稿日:

スポンサーリンク

【学校】義務教育が人生に与える影響は少ないと感じた3つの理由

✔ 価値観は人それぞれですけど、あえて言います

 現在就活中の大学生の私にとって、最も無駄な時間を過ごしたと感じている期間が「義務教育」です。

 9年間という長い時間の中で、今の生活に生きている知識・経験がほぼないです(マイナスな経験が反骨精神を生みましたが)。

 逆に、義務教育に戻りたいと感じている人は、どんな精神状態をしているか私には理解できないです。

 しかし、人によって価値観は様々であり、義務教育が大好きだった人は世の中に多くいるでしょう。

 私の立場としては、現在義務教育を受けているが学生、あるいは同じ考え方を持っている人たちに向けて、自論について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

理由①:作業ゲーと同じ

✔ 言われたことをやればいい

 義務教育では、全員が同じことを勉強し、たまたま環境に合っていた人が賞賛され、合っていなった人は落ちこぼれとされます(勉強や環境の選択肢はない)。

 つまり、言われたことをやるだけで評価をされる環境こそが義務教育と言えます。

 私にとって、なぜ全員が同じことを強制的にしなければいけないのか?と疑問を持ち続けていた(ひねくれていた)学生は、精神的にも非常に苦痛を感じながら過ごしていました。

 たまたま合うか合わないかの環境に対して、深く思い悩む必要はなく、常に先の将来のために行動することが必要だと思います(私は不満ばかりを言い、行動できませんでした)。

スポンサーリンク

理由②:人生設計においてほぼ無価値

✔ 将来に影響は少ないです

 義務教育に対して努力をした結果、残るものは何でしょうか。

 「進学の選択肢の増加」、「知識・経験」、「友人」といったことが挙げられるでしょうか。

 もう1つ質問するならば、将来の目標に対して、これらの要素は自身にとって本当に必要でしょうか?

 進学をしなくても働くことはできますし、人に貢献できる知識がどの程度あるのか疑問ですし、子どもが経験してきたことは子どもの世界でしか通用しません。

 友人が1人もいなくても、いつか求めるならば良き友人に会うことは必ずできます。

 それらを得るチャンスは、義務教育を終えた後にたくさんあります。

 逆に得られなかった経験があるからこそ、自分が本当に求めるものに出会うチャンスに恵まれていると考えることができます。

 何も得られなかった私が言うことなので、間違いありません。

 まだ義務教育に人生を左右されるほど、人生は簡単ではありません。いくらでも変えることができます(たくさん失敗した方が今後成功する可能性は大きくなります)。

スポンサーリンク

理由③:多様性が生む没個性

✔ 動物園と同じ考え方です

 動物園で子どもたちに人気な動物は何でしょうか?

 例えば、ゾウ、ゴリラ、ライオン、キリンなどは、どこに行っても人気ですよね。

 子どもの感性は単純で、動物が持つ個性に着目するのでなく、直感で好き嫌いを決めます。

 もちろん、人の好き嫌いも同じです。

 義務教育という環境も、子どもの感性を中心に回っているので、いわゆる多数派が正義という構図ができてしまうと、それ以外のものは嫌いなものと認識することが起こります。

 これがいじめの原因です。

 昨今、子どもの個性という言葉を耳にしますが、子どもが個性を尊重できるための教育は行っているのでしょうか。

 もしそれを行っているのであれば、なぜ世の中からいじめ消えないのでしょうか?

 子どもを教育するうえで、私は子供が満足するための教育を行うのでなく、他人を幸せにすることを目的とした教育を行っていくことが、個性を尊重するために必要であると思います。

 もちろん、1人1人が自分の幸せを求めていくことも大切であり、それを行っていくうえで他人を尊重することが必要であるということです。

スポンサーリンク

まとめ

スポンサーリンク

✔ 義務教育は世の中に必要である

 これまで述べてきたことと矛盾していると感じるかもしれませんが、誰しもが教育を受けられる環境があることはとても素晴らしいと思っています。

 しかし、全員が同じ教育を受けることが、マイナスの側面があるということが私の主張です。

 私の感じてきた義務教育とは、自己満足のために生きる人間を生み出す教育です。

 目標を持ち、それに向かいのびのびと努力をできることを支えることが教育であると私は考えています。

 私のような頑固で、意志が固い人間でも、興味のあることに挑戦できるような教育が必要なのではないでしょうか。

 実際に私も、義務教育で体験してきた散々な経験から、その反動で周りがやらないようなことに積極的に挑戦するようになりました(機会に恵まれたことが大きいです)。

 私のような落ちこぼれでも、目標に向かい努力すればなんとかなります。

-学生生活

Copyright© katoooblog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.