プログラミング学習記録 学生生活

【脱バイト】第2話 ブログとYouTubeで稼げない~学生が家で月5万稼ぐ道のり~

投稿日:

スポンサーリンク

【脱バイト】第2話 ブログとYouTubeで稼げない~学生が家で月5万稼ぐ道のり~

 前回の続きです

 オチとしては、メディア活用(ブログ、YouTube)の方が稼ぎやすいのでは?と思ったところでした。

 たしかに世の中は、TVからインターネットを活用したマス広告に変化し、また個人の発信力も大幅に強まりました。

 その代表的なものが現在では「ブログ」「Youtube」「SNS」といったものが挙げられます。

 現在特に個人で収益源として活用されているのが「ブログ」、「YouTube」で、観る人も、挑戦してみる人も多いと思います。

 実際に小遣い稼ぎ~大金持ちまで稼ぎ方が幅広く、私も関心のある1人です。

 ですが、私は精々頑張っても確実に小遣い稼ぎに留まるでしょう。

 その理由に多くの人が当てはまると思うので、現実的なことを解説してきます。

スポンサーリンク

稼げる人と稼げない人

 稼げる人の特徴です

  • 容姿に特徴がある。あるいは仮想のオリジナルキャラを作っている。
  • スキル、技術がある
  • 知識、経験がある
  • 人が簡単にマネできなことができる
  • 全力で努力している
  • ニーズに対応している
  • 伝え方が上手い(文章、画像、動画など)
  • 競合が少ない領域で発信している

 稼げない人の特徴です

  • 容姿に特徴がない。自身を表す特徴的なものがない。
  • スキル、技術がない
  • 知識、経験がある
  • 人が簡単にマネできることしかできない
  • 全力で努力していない
  • ニーズに対応していない
  • 伝え方が下手(文章、画像、動画など)
  • 競合が多い領域で発信している

 人気のあるコンテンツを提供している人と、全く人気が無い人を見ると、見事にこれらの特徴に当てはまります。

 もちろん、全てではなくても、いくつか当てはまるはずです。

 もう1つ例をいくつか紹介します。

筋トレというジャンルの場合

稼げない人

  • 筋トレが趣味な平均的なマッチョで、日常を発信する人

小遣い稼ぎができる人

  • マッチョで、伝え方が上手く、ノウハウを発信している人

飯が食える人

  • かなりマッチョでかつ、伝え方が上手く、ニーズに対応して発信している人

リッチな人

  • すごいマッチョでかつ、伝え方が上手く、ニーズに対応しており、プラスで他人がマネできない魅力があり発信している人

ゲームというジャンルの場合

稼げない人

  • 特にプレイが面白くない自身のゲームプレイを発信している人

小遣い稼ぎができる人

  • 伝え方が上手く、流行りや話題性があるゲームで上手いプレイ、ネタプレイをする人

飯が食える人

  • 伝え方がオリジナリティに溢れ、他人がマネできないプレイを発信していたり、まだ話題になる前のゲームを察知し紹介を発信している人

リッチな人

  • ゲームのみならず、他のジャンルでも優位性を発揮しており、ファンを獲得し発信しているかつ、プレイが面白くマネできない魅力があり発信している人

 今回は流行の「筋肉」と「ゲーム」というジャンルで紹介しましたが、稼いでいる人ほど先に紹介した特徴が多く見受けられます。

 小学生や中学生でも、大人顔負けの収益がある人もいますが、彼らも特徴が多くあります。

 ですので、稼げる人は年齢問わず、あるいは犬や猫などの動物ですら稼げる可能性があるわけです。

 よって、逆に稼げない人は、永遠に稼げないですし、途中で成果がなく挫折するでしょう。

 ノウハウを真似するよりも、他人に求められる価値の高い人間になる方が手っ取り早いです。

 また、小遣い稼ぎレベルならば努力で誰でも辿り着けます。

スポンサーリンク

稼ぐにはどうすればいいか

 答えは単純で、多くの人に自身のコンテンツを観てもらえれば勝ちです。

 多くの人にコンテンツを見てもらえる=
  企業の広告効果が上がる

 という仕組みなので、目指すところはいたって単純なのです。

 ですが実際は多くのブロガー、YouTuberが集客に苦労するわけで、目標は単純ながらも、その道のりが険しいことがわかります。

 集客に焦点を当てて、稼ぐためにすべきことを考えると、

  • 稼げる人になる
  • メディアミックスで宣伝効果を上げる

 この2つだと私は考えています。

 1つ目の「稼げる人になる」というのは、先ほど紹介した「稼げる人の特徴」に当てはまることを増やすということです。

 「メディアミックス」というのは、複数のメディアを組み合わせて自身のコンテンツを発信、あるいは製作することです。

 例えば、「ブログ」と「YouTube」と「Twitter」を組み合わせて発信することで、宣伝効果を高めるという事ですね。

 デメリットとして、色々並行して行っていると、中途半端になってしまう可能性があるということが挙げられます。

 あくまでも、宣伝のために行うという方法でもいいのですが、それだと見てもらえる機会が減ってします可能性があるので注意が必要です。

スポンサーリンク

ほどほどを目指す

 先ほどの「稼げる人と稼げない人の例」で述べたのですが、小遣い稼ぎレベルならば努力でなんとかなります。

 その努力というのは、稼げる人の特徴をあまり持っていなくても、今ある自分でメディア活用し発信するという事です。

 つまり、ほどほどを目指すという事なのですが、今の私のように「稼げない人」でも、ある程度工夫すれば成果が出るということです。

 実際に多くの人が月1万~5万くらいの収益ならば、コツコツ継続して発信を行って達成しているので、私もまずそのレベルを目指したいと思います。

スポンサーリンク

まとめ

 今回はメディア活用で稼ぐ方法というテーマで、自身の調査と考察を解説しました。

 正直、何も考えていなくても、「稼げる人」が発信すれば成功するかなと思います。

 よく言われる、「好きな事で飯を食う」というのは結構本質を突いている言葉だなと私は考えています。

 1や2つのことを極めれば、自然と「稼げる人」になれるのかもしれませんね(*'▽')

-プログラミング学習記録, 学生生活

Copyright© katoooblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.