学生生活 就活

【就活】「いい質問」をする3つの方法[例文付き]

更新日:

スポンサーリンク

【就活】「いい質問」をする3つの方法[例文付き]

✅ 質問が就活の質を上げる

 就活で質問をする機会はたくさんあります。

  • 説明会
  • 面接
  • 社員懇談会
  • インターンシップ
  • セミナー
  • OB訪問  など

 そして、質問をすることのメリットもたくさんあります。

  • 公開している情報以外の情報を得る
  • 企業に対する信頼の評価
  • 得た情報の確認が出来る
  • 積極性や論理性をアピール
  • 不安を解消できる
  • 知識が向上する

 ですが、質問にも「質」が存在していて(うまいこと言った)、「いい質問」「よくない質問」があります。

 私は大学のゼミ活動で研究発表の大会に出場しましたが、質問は特に練習しましたし、重要視されていました。

 また就活を通して質問の質で学生の能力がわかってしまうため(本当によくわかる)、今回はいい質問をする方法を3つに分けてご紹介いたします。

スポンサーリンク

意味のある質問をする

✅ 無駄な質問はしない

 なぜその質問をしたのか?と聞かれて、答えられない質問は無駄な質問です。

 なぜなら、質問することが目的になってしまい、なぜ聞くのかを考えていないからです。

 例えばこんな質問です。

  • 学生時代に一番頑張ってきたことは何ですか?
  • 志望動機は何を書きましたか?
  • 会社理念は何ですか?
  • 休日は何をしていますか?
  • 社風を教えてください

 1つずつコメントすると、

  • 学生時代に一番頑張ってきたことは何ですか?
  • ⇒その情報は何か役に立ちますか? 
  • 志望動機は何を書きましたか?
  • ⇒覚えてないですよ。マネしたいのですか?
  • 会社理念は何ですか?
  • ⇒HP見ましょう
  • 休日は何をしていますか?
  • ⇒その情報は何か役に立ちますか?
  • 社風を教えてください
  • ⇒悪く言う人は現れません。あとざっくりし過ぎです。

 別にその質問をするなとは言いません(何か深い意図があるかもしれませんし)。

 ですが、質問の目的が不明確です。なぜ質問をするのかを考える必要があります。

  • その企業で働くイメージを明確化する
  • ⇒具体的な働き方を聞く
  • 就活のスキルを上げる
  • ⇒アドバイスを貰う
  • 業界、職種研究
  • ⇒ノウハウを得る

 質問する目的から逆算して考えることで、自身にとって意味のある質問をすることができます。

スポンサーリンク

簡潔に質問する

✅ 要点を絞る

 まず何を聞くのかを結論から言いましょう。

  • 御社の働き方について質問します。
  • 御社の経営状況について質問します。
  • 御社の職種について質問します。

 回答者は頭の中で情報を絞ることができるので、回答がしやすくなります。また聞く側も落ち着いて質問ができます。

 次に自身の考えや、事実を述べます。

  • ・御社は社員のモチベーションを重視していますが、
  • ・御社の財務状況は著しく改善しましたが、
  • ・私は将来営業職して働きたいと考えていますが、

 疑問の対象となっている事柄を挙げることで、何に対する質問かをより具体化します。

 そして最後に教えて欲しいことを述べましょう。

  • 社員のモチベーションを把握する取り組みはしていますか?
  • 具体的に改善に向けてどのような取り組みをしましたか?
  • 顧客との信頼関係の構築では何が最も重要と考えていますか?

 主に3~5つの区切りで構成された質問を行いましょう。

 簡潔に述べることを意識できれば、自身の質問を作るスピードが速くなり、また相手の質問に対する答えが明確になります。

 例をまとめると、

  • 結論
  • 自身の考え、事実
  • 教えて欲しいこと

 大枠はこの順序で質問を考えると簡単です。

スポンサーリンク

互いの理解を深める

✅ 質問を恐れない

 よく、質問ができることは凄いと思う人がいます。

 それは間違いです。本当に自身のためを思えば、質問はできるはずです(勇気とか度胸は関係なし)。

 質問をしている人を恥ずかしいと思う人はいませんし、逆に積極性や真剣さを評価されるでしょう。

 また、質問をすることで自身と相手との理解が深まるため、しないと損です。

 そして、思い込みや情報不足を防ぐためにも、質問をするべきです。

 聞きたいことがあれば(というかあることが普通)、積極的に質問をしましょう。後で後悔しないためにも。

スポンサーリンク

まとめ

✅ いい質問ができることはスキルです

 私の好きな言葉で「巨人の肩の上に立つ」というものがあります。

 要は他人から学べって意味なのですが、他人に聞くということはすなわち他人の経験や知識を得るという事です。

 いい質問ができるということは、他人からより有用性の高い経験や知識を聞き出せるということなので、ぜひそのスキルを身に付けましょう。

-学生生活, 就活

Copyright© katoooblog , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.